大型で強い勢力の台風が数々上陸して大きな被害を出すようになった昨今、台風の最新情報や「現在地」などのリアルタイム情報が欠かせなくなりました。

気象庁や米軍・ヨーロッパ中期予報センターなどから進路図が発表されますが、台風の現在地が今どこか?いつ来るのか?進路予想はどうなっているか?など、気になりますよね。

台風が近づき暴風雨となると今度はいつ台風が抜けるのか気になり、雨風が終わっても「台風の目で、再び雨風が強まるのでは?」などと不安になったりしますが、そんな時に台風の「現在地」がリアルタイムにわかる方法をお伝えしたいと思います。


台風の現在地は今どこ?リアルタイムで知る方法!

台風が今どこか気になる場合、「Windy」というサービスで現在地や進路予想図を確認することができます。

Windyは風の強さや向き、雨雲の様子、波の高さなどを可視化して見ることができるので、台風の現在地はもちろん、最新情報や進路予想図などをリアルタイムでしっかり見ることができます。また最新ルートや9日先までの予想なども見ることができて便利です。

「Windy」は無料サービスで、提供元は世界各地でインタラクティブな天気予報サービスを提供しているチェコの会社で、広く使われています。現在はアプリも提供されています。

ピンポイントで気になる地域の天候状態や台風の現在地がわかります。

PCはもちろん、スマホでも無料で閲覧可能です。

アプリを入れなくてもWEB上で見ることができ、気になる特定位置の天候をリアルタイムで見ることができるので、台風の現在地が気になる方は特定位置にずらしてご確認ください。

Windyで台風の現在地と進路予想を見る方法
・赤い三角ボタン「▶︎」で進路予想を9日先まで自動的に見ることが可能!
・現在地を変えたいor見たい地域をずらしたい時→画面(地域)をずらす。
  ※画面の「+−」ボタンで拡大縮小も可能。
・今後の進路予想を見たい時→画面下のバーをずらす。

ダイバーや釣り人、などなどスポット天気予報を必要とする人がたくさん利用しています!

会員登録をしなくても、
・気象レーダー
・衛星
・風
・最大瞬間風速
・累積風量
・雨、雷
・累積雨量
・新雪
・新雪深
・降水量タイプ
・雷雨
・気温
・露点
・湿度
・・・・・

など、見れる項目は多数。まだまだ他項目がありますが「一酸化炭素濃度」などまで見ることができます。

(WindyはGFSモデル・ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)・およびスイス企業MeteoblueのNEMSモデルのデータに基づいているそうです。)


台風14号2020の進路予想

台風14号(チャンホン)は正式に台風となり、進路が発表されました。

台風14号は現在は10/6(火)の15:45現在、日本の南に位置し、992ヘクトパスカルの勢力となっています。今後の進路予想と勢力予想がまだ定まっておらず、予報円は大きく発表されています。進路予想は、九州方面へと進んだあと、進路を大きく西に変えて東海に近づく予想となっています。

7日〜8日にかけて南大東島付近通り、9日15時〜10日にかけて勢力が965hPaの「強い台風」として九州地方に接近し、11日15時には東海沖を進む予想となっています。

「強い」台風のままで日本列島へ接近する予報ですので十分な注意が必要です。

台風14号の進路予想・最新情報はこちら!

九州を通過したあとは進路を大きく西に変えて向かいますが、まだ進路は定まっていません。いずれにしても大雨をもたらす可能性があるようです。海は大シケとなり雨風、波の影響を受けますのでご注意ください。

気象庁・台風情報サイトはこちら(進路図が見れます)

▼ウェザーニュースでは以下の通り発表されています。

Windyを利用する声

Windyはとても便利!という声が多数上がっています。


筆者は個人的にこのWindyが便利でよく利用しています。

台風が来る時の様子はとてもわかりやすく見てるので、局地的に台風の現在地や進路予想などをリアルタイムで見たい方にはおすすめです。

 

おすすめの記事