台風6号トローセスが沖縄本島付近で発生しました。台風5号の影響もあり今後の発達進路情報が注目されています。

こちらの記事では、台風6号(トローセス)位置進路予想について、気象庁米軍台風警戒センターのそれぞれの進路図で比較してお伝えします。

また今後の進路沖縄・九州へ接近・上陸になるか?についても見ていきたいと思います。

なお、日本近海の海面水温が高い季節となり、台風が連続して発生する時期となりました。7月に発生した台風は3個目となります。

夏休みと重なり旅行や帰省などの予定の方も多いと思います。早めの備えで万全にしていきましょう!


台風6号の進路予想の最新情報は?

沖縄本島付近で台風のたまごが確認されていますが、正式に台風6号(トローセス)となり進路情報などが発表されました。

現在台風6号は時速30キロで北に進んでいます。

台風6号は8月1日の正午には熱帯低気圧に変わる見込みとなっています。

ただ、沖縄近海では台風5号が発生した影響で空気が湿っていることもあり、台風6号とあいまって激しい雨となっているところもあるようです。


台風6号:気象庁の進路図と気圧

台風6号の気象庁の進路図、そして今後の進路予報を見ていきましょう。

31日15時時点で、台風6号は那覇市の北西100kmに位置しており北北西に向かって進んでいます。

 

台風第6号(トローセス) 2022年07月31日15時45分発表の情報
【31日15時の実況】
存在地域:那覇市の北約100km
中心位置:北緯27度05分 (27.1度)
東経127度35分 (127.6度)
進行方向、速さ:北北西 35 km/h (20 kt)
中心気圧:998 hPa
最大風速:18 m/s (35 kt)
最大瞬間風速:25 m/s (50 kt)

【01日03時の予報】
存在地域:九州の西
予報円の中心:北緯30度55分 (30.9度)
東経126度40分 (126.7度)
進行方向、速さ:北 35 km/h (19 kt)
中心気圧:998 hPa
最大風速:18 m/s (35 kt)
最大瞬間風速:25 m/s (50 kt)
予報円の半径:85 km (45 NM)

【01日15時の予報】
存在地域:チェジュ島の北北東約70km
予報円の中心:北緯33度55分 (33.9度)
東経126度55分 (126.9度)
進行方向、速さ:北 30 km/h (15 kt)
中心気圧:1000 hPa
予報円の半径:120 km (65 NM)

 

台風6号:米軍JTWCの位置と進路図

米軍JTWC台風警戒センターでの台風6号の情報を見ていきましょう。

米軍JTWCとはアメリカ国防総省の機関である「米軍合同台風警戒センター(JTWC)」で、アメリカ海軍と空軍が合同でハワイに設置しています。台風・熱帯低気圧の進路図などを発表していますよ!

は、台風や津波などの発生を予想して発表しています!

こちらでも「台風6号」の姿を捉えています。


最初、台風のたまごは熱帯撹乱から始まります。その後の風速などにより台風かどうか判断されますが、米軍JTWCではその発達段階に応じて色を変えて表示しています。

世界協定時刻での表示となり、日本時間に置き換えるには「+9時間」をしてみていきます。

 

台風6号:沖縄・九州への影響は?

台風6号の沖縄・九州地方への影響が気になりますね。

台風6号は沖縄近海で発生しているため、沖縄地方には影響をもたらせているようです。

気になる今後の進路として、気象庁の発表によると8月1日午前3時には「九州の西」に位置する予報となっています。

九州を縦断する可能性は低そうですが、台風は離れていても雨や風の影響が出ますので、十分な注意が必要です。

 

台風6号:Windyの進路予想は?

チェコが提供する天気予報サービス「Windy」では風の流れなど台風の様子をわかりやすくみることができます。

9日先の天気予報まで見れるので、台風6号がどのように進んでいくのがが見れますよ!

雨・風・雪・波の様子などもリアルに可視化してくれるので非常にわかりやすいと評判です。
大気の流れが可視化されていて、渦を巻いた台風などが接近する様子も非常によくわかります。
台風の現在地の確認などにも便利ですよ!

チェコ提供のサービスですが、ヨーロッパ中期予報センターのデータがベースとなっており、信憑性が高いですよ!

釣り人やサーファー・ダイバー・登山家なども見るツールで、WEB上でも見れるほか、スマホアプリもありますよ。

画面左下の赤い「▶︎」ボタンを押すと自動で日付が進みます。隣の白いバーで好きな日付まで進めることも可能です。

台風6号進路予想比較のまとめ

台風6号トローセスは沖縄近海で発生し、九州・韓国方面へと進む見込みとなっています。

今のところ九州への上陸の見込みはないものの、雨風の影響があると思われます。

中心気圧は低くないとはいえ、高波・雨風の影響はありますので十分に注意していきましょう。

おすすめの記事