おおのこうすけさんの人気漫画「ドラマ極主夫道」がドラマ化決定!不死身のヤクザがまさかの専業主婦になるというトンデモストーリーが大人気!

そして伝説の極道「不死身の龍」を演じるのは人気俳優の玉木宏さん!主夫力高すぎるエプロン姿の玉木宏さんはかなり楽しみですね!

早速「極主夫道」について、
・放送はいつからか?
・相関図
・キャスト出演者(登場人物)
・あらすじや結末ネタバレ

についてお届けしていきます!

コミックスは累計200万部を突破、面白すぎる任侠コメディに注目です!


極主夫道の放送はいつから?

ドラマ「極主夫道」の放送は2020年10月からスタート!

日テレ系・日曜日の10時半枠〜で放送予定です。

詳細の開始日は未定ですが、10月の前半の日曜、10/4、10/11、10/18のいずれかでスタートするものと思われます!

ドラマ極主夫道 放送日
■放送開始日:2020年10月スタート!
■放送日時:2020年日曜10時半〜
■放送局:日本テレビ

 


極主夫道の相関図!

ドラマ「極主夫道」の相関図はまだ発表されていませんので発表しだい掲載していきます!

関係としては、まず主役の「龍」演じるのは玉木宏さん。そしてその妻の川口春奈さん、龍の元舎弟役に志尊淳さんが決定しています。どんどん更新していきますよ!

 

 

 

 

極主夫道のキャスト出演者(登場人物)

 

龍(たつ)/玉木宏

主人公。元極道。ヤクザ時代は辰崎組所属。“最凶”の極道「不死身の龍」と呼ばれたが、足を洗って美久と結婚して専業主夫となる。

強面にグラサン。スーツの上にしば犬のエプロン・・・。外見や言動は極道時代のまま。

でもキャラ弁を作ったり、ポイントカードを集めたり、時にキャベツの安さに驚く。

家族や街に色々な事件が起こるが平和を守ろうと奮闘する。

玉木宏さんからのメッセージ
『人は見かけによらぬもの』私自身、そう心がけて生活しておりますが、、、正直、接してみるまでは視覚からの情報を頼りにしてしまう事もあります(笑)。
龍の見た目とは裏腹な言動に癒され、クスッと笑え、気軽に愉しんでいただけるドラマを目指したいと思います。主夫の極み、是非お楽しみに。

ちょっと強面な役も、シリアス俳優も演じられる玉木宏さんにぴったりかも!?声も良いのでドスが聞いたシーンもぴったりそうですね!

 

美久(みく)/川口春奈

龍の妻。漫画では26歳。仕事はデザイナーでバリバリのキャリアウーマン!

反面少し天然ボケなところがあり、竜と対照的にルーズで家事が苦手。料理は下手、片付けは下手。

ゲーム、コーラ、アニメ好き!

 

川口春奈さんコメント(美久をどんな風に演じたいか?)
バリバリのキャリアウーマンだけど、アニメ好きな一面もあったりと、いろんな顔を持っているのかなと思います。
旦那さんとのシュールなシーンは個人的に楽しみなので、ツッコミを入れたり呆れたりしながら、楽しくやっていけたらと思います。

 

雅(まさ)/志尊淳

龍の元舎弟。今でも龍を慕っている、まっすぐな性格。不器用な一面も。龍が不在になった辰崎組が衰退していく中、龍に極道の世界に戻って欲しいと願っている。

志尊淳さんコメント(雅をどんな風に演じたいか?)
原作はもちろんのこと、原作に書かれていない描写を想像すると、人として色々な側面を持ち合わせているなと感じました。
今は「こんな風に」という枠組みは決めずに、色々なアプローチで想像をしている段階なので、どうなるかはまだ自分でもわかりません。
ただ、想像をしていくほど気分が高揚しています。

酒井タツキ/古川雄大

龍たちが暮らす街の交番に勤務する警察官。まっすぐな人間で、つねに平和と安全を願って日々パトロールしている。

元極道の龍が足を洗ったと信じていないため、常に龍の動きを探っているが、天然&早とちりゆえにミスリードを多発。熱心すぎる点が事態をややこしくする。

 

古川雄大さんコメント
誰もが楽しめるベタな笑いから、時折見せるシュールな笑いまで、原作の世界観を大切に、ドラマをご覧になる皆さまにお楽しみいただけるよう努めたいと思います!

あらすじ&結末ネタバレ

元極道、不死身のヤクザと呼ばれた男、「龍」が足を洗って結婚、家事が苦手なキャリアウーマンの妻に変わって専業主夫に!

見た目と言動はヤクザそのもの、でも買い物、料理洗濯と家事のすべてに仁義を通して行う(笑)

 

言動とは裏腹にその行動が面白いストーリー!

しば犬エプロン姿に着替えでキャラ弁を作る様はまるで一流主婦!!専業主夫に命をかける仁義なきアットホームなヒューマン任侠コメディ!

 

 

極主夫道の原作漫画は?

「極主夫道」の原作漫画はウェブコミックの「くらげバンチ」で2018年から連載されました。

コミックになって新潮社から発売されていますよ!

2020年6月時点で第5巻まで発売中。


 

 

 

おすすめの記事