木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さん主演のドラマ「恋する母たち」がTBS金曜ドラマ(夜10時~)で2020年10月にスタート!3人の母たちの息子役、そして3人の母を魅了する男性役も解禁して話題です!

「母」が「恋する」なんて、ちょっと刺激的なにおいがしますが、単なる不倫ドラマではないそうですよ!

なにしろ原作はあの「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」を生み出した柴門ふみさんが、「10年寝かせたネタ」という逸品!

今回は「恋する母たち」の、
・相関図
・キャストと登場人物
・原作あらすじ
・結末予想

をご紹介!

脚本を手掛けるのは、恋愛ドラマの巨匠ともいえる大石静さん。この組み合わせなら、素敵な大人の「恋」だけでなくせつない人間模様も描いてくれるはず。早速みていきましょう!


恋する母たちの相関図!

ドラマ公式サイトで「相関図」が発表されました!

相関図を見ると3人の母たちを取り巻く人間関係が一目瞭然です!

木村佳乃さん演じる「杏」は夫が駆け落ちした女性の配偶者と惹かれあったり・・・

それぞれが結婚・夫との関係にもがき苦しみながらも、その心の隙間を埋めるように現れる3人の男性たち、リアルなラブストーリーが描き出されます。

恋する母たち相関図

■3人の「恋する母たち」…息子が同じ名門高校に通うママ友

・〈石渡杏/いしわたり あん(木村佳乃)〉— 夫(他の女と駆け落ち)
・〈林優子/はやし ゆうこ(吉田羊)〉— 夫(小説家志望の主夫)
・〈蒲原まり/かんばら まり(仲里依紗)〉— 夫(弁護士だったが、不倫の末失職)

■「恋する母たち」の相手

・杏の相手 — 〈斉木巧/さいき たくみ(小泉孝太郎)〉
杏の夫が駆け落ちした相手の女の夫、いきががりで杏と関係を持つ?

・まりの相手 — 〈今昔亭丸太郎/こんじゃくてい まるたろう(阿部サダヲ)〉
人気の落語家で、まりに執心。

・優子の相手 — 〈赤坂剛/あかさか ごう〉
優子が勤める会社の後輩。


キャスト&登場人物

「恋する母たち」3人のキャストは、主人公の石渡杏役に木村佳乃さん、林優子役に吉田羊さん、蒲原まり役に仲里依紗さんです。番組公式ツイッターで撮影開始のお知らせもありました。

それでは、キャストと登場人物について、まとめてみます。

石渡杏(いしわたり あん)/木村佳乃さん

・夫と幸せに暮らしているつもりだったものの、夫が不倫相手と駆け落ちし、行方不明に。
・夫の失踪後、不動産会社のパートをして息子を育てている。
・義母のすすめもあり、息子を有名私立高校に進学させた。

木村佳乃さんがTBSで連続ドラマの主演を務めるのは、なんと19年ぶりとのこと。ご自身も二人の子のお母さまということで、「恋する母」の複雑な思いを熱演してくださることを期待しましょう。

〈木村佳乃/きむら よしの〉さんのプロフィール
生年月日:1976年4月10日
出身地 :東京都
身長  :164㎝
血液型 :A型
事務所 :トップコート

林優子(はやし ゆうこ)/吉田羊さん

・ビール会社でバリバリ働く、キャリアウーマン。
・夫は小説家志望だが、まったく売れないため、優子が家族を養っている。
・有名私立校に通う息子は、中学2年のころから不登校、引きこもりに。

人気・実力ともに文句なしの、すばらしい活躍をなさっている吉田羊さん。弁護士、医者などのキャリアウーマン役がよく似合われますよね。「中学聖日記」(2018年TBS)で見せてくれたような、年下のイケメン部下との恋模様がまた見られるのでしょうか。楽しみです。

〈吉田羊/よしだ よう〉さんのプロフィール
生年月日:2月3日
出身地 :福岡県
身長  :163㎝
血液型 :O型

蒲原まり(かんばら まり)/仲里依紗さん

・弁護士の夫と、有名進学校に通う3人の子供とセレブな生活をしていた。
・夫の不倫に気がついているものの、目をつぶっている。
・裏表のない性格で、行動力もある。

仲里依紗さんはまだ30歳なのに、演じる幅がとても広いですよね。原作「恋する母たち」の蒲原まりは40代のはずなので、かなり年上の役を演じることになりますね。でも、イメージ的にはぴったりだと思います。そして、仲里依紗さんは、なんとフォロワー数58.5万人のユーチューバーでもありました!

〈仲里依紗/なか りいさ〉さんのプロフィール
生年月日:1989年10月18日
出身地 :長崎県
身長  :162㎝
血液型 :B型
事務所 :アミューズ

 

今昔亭 丸太郎(こんじゃくていまるたろう)/阿部サダヲさん

・人気落語家。
・チャリティイベントで出会ったまりに一目惚れ。人妻と知りながら猛アタック。

斉木 巧(さいきたくみ)/小泉孝太郎さん

・杏の夫(石渡慎吾)が不倫の末駆け落ちした女の夫。
・不倫されたもの同士となる杏と惹かれ合う。

 

赤坂 剛(あかさかごう)/磯村勇斗さん

・優子と同じ大手食品メーカー「コジカフーズ」の同じ宣伝部の社員。
・社内で有望の若手であり、イマドキ部下。優子に恋している。

石渡研(いしわたりけん)/藤原大祐さん

杏の息子。

 

蒲原繁秋(かんばらしげあき)/宮世琉弥さん

まりの息子。

林大介(はやしだいすけ)/奥平大兼さん

優子の息子。

 

原作あらすじ紹介!

「恋する母たち」の原作マンガは柴門ふみさんの作品です。2017年から今年7月まで「女性セブン」(小学館)で連載されていました!

【あらすじ】
シングルマザーの石渡杏(木村佳乃)は、突然夫が会社のお金を横領したまま失踪してからは、必死に働きながら一人息子を育てる日々。不動産会社のパートをしながら息子を有名私立高校に通わせることになりました。

ある日、杏は、突然息子の通う学校から呼び出しを受けて出かけると、そこには同様に呼び出された林優子・蒲原まりの姿が。

3人の息子たちは成績不振や不登校という理由で、退学や留年を勧告されたのです。それまではまったく違う境遇の3人が、これをきっかけに3人は、悩みを共有する関係に。

林優子は、有能なキャリアウーマンとして、小説家志望の夫と中学2年から不登校を続ける息子を養うという人生。

高収入の弁護士の夫を持つ蒲原まりは、3人の子供がいるものの、優雅なセレブ生活を送ってきたが、夫の不倫には目をつぶるという日々。

そんな3人の「母」たちが、できの悪い息子に悩みつつ、それぞれの環境の中で出会う男性に恋心を抱いてしまいます!

 

心に突き刺さった、夫に対する「好き」という感情が抜けたところに、
別の男性が入ってきたら…
そこから新たな恋が始まる──

この3人の男性が、傷つき、もがきながら生きる女心をどう解きほぐし、心の隙間に入り込むのか…。「私の目の前にこんな人が現れたらどうしよう…」と妄想、共感しながらドラマをお楽しみください。

「恋する母たち」公式サイトより

結末予想は!?

原作まんがの連載は終わっているということで、結末は分かっているのですが、ドラマははたしてどうなるのでしょうか!?

主人公石渡杏の恋の相手は、なんと夫が駆け落ちした相手の元夫!そして、失踪した夫が記憶喪失で戻ってくるという不思議な展開。

蒲原まりは、落語家と交際するも、不倫していた夫が弁護士の職を失って、生活が一変してしまうのです。つまり、恋愛に没頭できる状況ではないわけで、この二人の恋に関しては発展的な結末にはならないような予感が・・・

そして、キャリアウーマンの優子は、あることがきっかけで仕事を部下に奪われるのですが、この12歳年下の後輩に恋してしまいます。社内恋愛ですから、たとえ本気でも不倫で終わるのかも!?

原作があっても違う結末になることもあるのがドラマの面白いころ。目が離せませんね!

まとめ

10月にスタートする金曜ドラマ「恋する母たち」の相関図やキャスト登場人物、原作あらすじと結末予想についてまとめてみました !

・主人公・石渡杏役に木村佳乃さん、ママ友・林優子役に吉田羊さん、同じく蒲原まり役に仲里依紗さんが決定!

・出来の悪い息子という共通の悩みを持つママ友たちの、それぞれの家庭事情や恋の「秘密」を描く物語。

原作者の柴門ふみさんが、自身のママ友の話を「10年寝かせ」て書いたという「恋する母たち」。働く女性や母親の立場にある人なら、3人の何かしらに共感する部分があるはず。

また、現実にはありそうで「そんなことありえないわ!」というのもドラマの醍醐味ですよね。
今後の配役も楽しみにしながら、放送を待ちましょう!

おすすめの記事