半沢直樹2・相関図とキャスト

2013年に大ヒットしなんと最終回視聴率42.2%!を叩き出したドラマ「半沢直樹」の続編「半沢直樹2」が2020年4月(日曜TBS21時〜)からいよいよスタート!待望の続編のキャスト(登場人物)や相関図への注目はもちろん、ドロドロの組織から出る膿や黒幕の存在なども気になりますよね!

個性の強かったキャスト達の続投も多数決まっていますが、新しい人物も登場!今回は半沢直樹2のキャスト(出演者)一覧や相関図に加え、原作からのあらすじネタバレや結末予想をお届けします!

今回も「やられたらやり返す!倍返しだ!」の名ゼリフとともに展開していくのでしょうか!?早速見て行きましょう!

※2020年3月20日・出演者・相関図が発表されました!

前作「半沢直樹」のDVD・ブルーレイBOXはこちら!


 


半沢直樹2の相関図!

「半沢直樹2」の相関図・人物図が公式サイトで発表されました!スタートが近づき出演者(途上人物)も続々と発表され、期待度は満点!前回から続投される登場人物も多数ですが、賀来賢人さんや今田美桜さんなど、新しい出演者の方も登場するとあって目が離せません!

半沢直樹2(続編)の相関図は発表され次第更新します!アノ人も出るよ!
お正月に放送された「エピソード0」に登場した方も一部登場が決定!半沢直樹2の相関図は以下の通りです!
半沢直樹2・相関図

次項でキャスト(登場人物)のご紹介をしますが、前作のメインキャスト「北大路欣也さん」「香川照之さん」「片岡愛之助さん」「及川光博さん」「上戸彩さん」の続投も決定していますので相関図に入っていますね!

【半沢直樹(前作)の相関図はこちら!】

半沢直樹・相関図画像引用元:TBS公式サイト

 

前作は「東京中央銀行の東京本部」を舞台にストーリーが繰り広げられ、最後は東京中央銀行の子会社である「東京セントラル証券」へと出向を命じられて終わり、舞台は大きく変わります。

4月からの続編では「東京セントラル証券」がメイン舞台になりますが、今年1月3日に放送された「半沢直樹2エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード」では、後輩でありヒロイン役として「今田美桜」さん若手プログラマー「吉沢亮」さんも出演!

以下のような相関図が発表されましたよ!(4月からの本編の相関図ではないのでご注意!)

【半沢直樹エピソードゼロの相関図はこちら!】

半沢直樹エピソード0相関図

画像引用元:TBS公式サイト

エピソード0からも継続で出演される方も決定しましたね!

堺雅人さんの映画などを観たい方はU-NEXTがオススメ!(初月無料!)


キャスト(出演者)一覧!

前作では個性豊かな俳優陣が勢ぞろい!半沢直樹からブームとなった役者さんも多数で、今回もその華やかなメンバーの続投が決定しています。そこに賀来賢人さん、今田美桜さんなど若手人気俳優も加わり、また往年の榎本明さん、古田新太さんなども登場とあって豪華メンバー集結!

前作「半沢直樹」の放送から一躍有名になった役者さんが多数なのは周知のとおりですが、その後みなさん多忙で7年越しでやっと集合したそうですよ!

公式サイトではまだ出演者ページができていませんが、すでに決まっているキャスト出演者は以下の通り!

【前作から続投の出演者】

■半沢直樹:堺雅人さん
→主人公。東京中央銀行の営業第二部次長から、銀行の証券子会社に出向、営業企画部長に左遷された。曲がったことがなによりも嫌いで、不正を働く人物や、理不尽な組織の理屈と真っ向に立ち向かう。決めゼリフは「やられたらやり返す。倍返しだ!」。

堺雅人さんの映画などを観たい方はU-NEXTがオススメ!(初月無料!)

■半沢花:上戸 彩さん
→主人公の妻。半沢を献身的に支える、夫思いの妻。息子も1人。

■渡真利忍:及川光博さん
→主人公の同期。東京中央銀行の融資部所属。銀行内の情報に精通しており半沢のピンチを情報で救う右腕的存在。

■黒崎駿一:片岡愛之助さん
金融庁検査局の主任検査官。出向していた大阪国税局から金融庁に戻ってきたエリート。傲慢でヒステリックな性格。オネエ言葉が特徴。

■中野渡謙:北大路欣也さん
東京中央銀行の頭取。人を見る事を大事と常に想う人。

■大和田暁:香川照之さん
→東京中央銀行取締役。旧産業中央銀行出身で、最年少で東京中央銀行の常務取締役に抜擢された出世頭。常に冷静だが派閥意識が強く、保身のためには手段を選ばない。

【新たに加わる登場人物】

■森山雅弘(もりやままさひろ):賀来賢人さん
→半沢の出向先、東京セントラル証券の営業企画部調査役。プロパー社員。半沢の右腕になるか!?

■浜村瞳(はまむらひとみ):今田美桜さん
→同じく半沢の出向先、東京セントラル証券の新入社員。半沢と森山のサポートする。

■加納一成(かのうかずなり):井上芳雄さん
→スパイラル社(開発した検索サイトが大当たりし、今や日本でトップクラスのIT企業)の創業メンバーで役員。

瀬名洋介(せなようすけ):尾上松也さん
→スパイラル社の創業者。将来を嘱望されていたところ、あることをきっかけに窮地に陥る。

女将・智美(ともみ):井川遥さん
半沢や渡真利の行きつけの小料理屋の女将。半沢を敵視する東京中央銀行の社員も通う小料理やを切り盛りする。東京中央銀行の個人株主でもあり、銀行の内部事情に詳しい。

三笠洋一郎(みかさ・よういちろう):古田新太さん
→東京中央銀行の副頭取で中野渡頭取と敵対する関係。東京中央銀行を牛耳り、半沢をピンチに追い込む。

伊佐山泰二(いさやま・たいじ):市川猿之助さん
三笠が目をかけている、東京中央銀行証券の営業部部長。三笠の忠実なる手下として、半沢と激しくぶつかり合う。

郷田行成(ごうだ・ゆきなり):戸次重幸さん
フォックス社(PC周辺機器販売大手)の社長。半沢に舞い込む大手IT企業の敵対的買収により、半沢が絶体絶命に陥った際に現れるが、大きな裏がある・・・

平山美幸(ひらやま・みゆき):南野陽子さん
→電脳雑技集団の副社長。
アジア進出を視野に事業拡大を目論む大手IT企業。大阪市内の大きな商家出身で、高圧的かつヒステリックな性格。

諸田祥一(もろた・ しょういち):池田成志さん
→半沢と同じく銀行からの出向組。銀行へ戻るために色々と画策する。

広重多加夫(ひろしげ・たかお):山崎銀之丞さん
太洋証券営業部長。大手IT企業の敵対的買収の案件で、買収される会社側のアドバイザー。

白井亜希子(しらい・あきこ):江口のりこさん
国土交通大臣。元アナウンサーだが、政治家に転身。大手航空会社である帝国航空の再建で、「半沢潰し」の急先鋒として鋭く斬り込む。

■乃原正太(のはら・しょうた):筒井道隆さん
→やり手弁護士。白井大臣が立ち上げた再生組織、「帝国航空」の再生タスクフォースのリーダー。高圧的な態度で頭取の中野渡に対しても脅しをかける。

■箕部啓治(みのべ・けいじ):柄本明さん
→白井大臣を支援する「進政党」大物議員。

あらすじネタバレ&結末予想も!

まず、前作「半沢直樹」の最終回ですが、主人公である半沢直樹が、勤め先の「東京中央銀行」の子会社「東京セントラル証券」へと出向を命じられて終わりました。

そのため、続編となる半沢直樹2は出向を命じられた「東京セントラル証券」を舞台に繰り広げられます。

半沢直樹続編の原作は、小説家・池井戸潤氏の「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」です!
原作はあるものの、とはいえ前作も原作とは違う面々もあり・・・具体的なあらすじは放送とともにご紹介しますが、一部さわりをご紹介!

「半沢直樹、東京セントラル証券への出向を命ずる――」

東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった――。

果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか!?

引用元:Yahooニュース(ザ・テレビジョン)

前作「半沢直樹」のDVD・ブルーレイBOXはこちら!↓


 

半沢直樹2(続編)の相関図とキャスト一覧!のまとめ

半沢直樹の前作の放送は、2013年7月〜9月のTBS日曜劇場にて。

そのテンポの良さや爽快感で記録的大ヒットとなり、なんと最終回の視聴率は42・2%という驚異的な視聴率を記録!「やられたらやり返す!倍返しだ!」は社会現象にまでなりましたね!

あれから7年、一躍有名になった俳優陣が戻ってくるとあって、早くも4月のスタートが楽しみと言う方もとても多い様子!

令和の半沢直樹がどのような展開となるか、じっくり観ていきましょう!半沢直樹のDVD・ブルーレイを一気見したい方はこちら♪


 

おすすめの記事