2021年度後期のNHK連続テレビ小説題105作目は、3人のヒロインの物語・『カムカムエヴリバディ』に決定!

ヒロインが3人登場するのは朝ドラ史上初のことで、上白石萌音×深津絵里×川栄李奈の3人が演じるそう!

3世代にわたる心温まるファミリーヒストリーを脚本家の藤本有紀さんが「NHKラジオ英語講座」を題材に紡いでいきます。

タイトルの『カムカムエヴリバディ』は、戦後のNHKラジオ英語講座オープニング曲名で「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子」のメロディーにのせて歌われていたとか。

朝の始まりにふさわしく楽しい感じがしますね。

そしてこの記事では、キャストや相関図・原作あらすじなどについてもご紹介します!


カムカムエヴリバディの放送はいつから?

『カムカムエヴリバディ』は2021年10月から放送開始!

詳しい放送日程はまだ発表されていませんが、秋口くらいにはわかると思われます。

「カムカムエブリバディ」放送日
・NHK総合テレビ:月~土の8:00~8:15(再放送:12:45~13:00)
・BSプレミアム/BS4K:月~土曜 7:30~7:45(再放送:月~金曜 23:00~23:15)

に放送される予定ですよ!

 

【作】藤本有紀(オリジナル作品)
【制作統括】堀之内礼二郎/櫻井 賢
【プロデューサー】葛西勇也/橋本果奈
【広報プロデューサー】齋藤明日香
【演出】安達もじり/橋爪紳一朗/深川貴志/松岡一史


カムカムエブリバディのキャスト登場人物

現在発表されている登場人物はヒロインの3人!

安子役、ひなた役は3,000人以上集まるオーディションで選ばれた上白石萌音さんと川栄李奈さんです♪

上白石萌音さん演じるのは「安子」、その娘役の「るい」を演じるのは深津絵里さん!川栄李奈さんは安子の孫の「ひなた」を演じますよ♪

 

順番間違えてる⁉︎と思ったけど間違えじゃないんです。

 

 

安子(やすこ)/上白石萌音(かみしらいし もね)さん

【役柄】

・ラジオ放送が始まった年に岡山市の和菓子屋の娘として生まれる。

・戦争で夫を亡くし、娘と離れてアメリカに渡ることになる。

・激動の次第を強くたくましく生きる女性。

【上白石萌音さんのプロフィール】

生年月日:1998年1月27日

出身地 :鹿児島県

身長  :152cm

血液型 :AB型

事務所 :東宝芸能

 

るい/深津絵里(ふかつ えり)さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

RiE(@7.ri3.7)がシェアした投稿

 

【役柄】

・安子の娘。

・親に捨てられた思いから傷つき、それでも強く生きようとする。

・親と英語に恨みを持ちながらも、ジャズソングに自分の生きる道を見出していく

【深津絵里さんのプロフィール】

生年月日:1973年1月11日

出身地      :大分県

身長         :156 cm

血液型      :O型

事務所 :アミュー

ひなた/川栄李奈(かわえい りな)さん

 


【役柄】

・安子の孫、るいの娘。

・甘えん坊で飽きっぽくちょっとダメなところがある。

【川栄李奈さんのプロフィール】

生年月日:1995年2月12日

出生地      :神奈川県

身長         :152 cm

血液型      :O型

事務所      :エイベックス・マネジメント

キャスト予想!

他の配役などはまだ発表がありませんが、朝ドラのヒロインには相手役がつきもの。3人の相手役をどんな俳優が演じるのか、とても気になりますね。Twitterで相手役に期待する方の声を探ってみました。

・中島裕翔さん

・町田啓太さん

どちらもイケメンで、昭和の青年役がはまりそうですね。

相関図

相関図ですが、まだ公式サイトでも発表されていません。

現時点でわかっているのはヒロインの3人だけですが、この3人で親子三代を演じます!

3代目から見ると、

■祖母:安子

■母 :るい

■娘 :ひなた

ここに、安子の両親、夫、生家の和菓子屋の人々、るいとひなたの夫や恋人などが加わるでしょう。

公式サイトで発表があり次第追記したいと思います!

ロケ地や目撃情報

カムカムエブリバディ!のロケ地や目撃情報が気になりますよね!

今後撮影が進んでいくので多数の目撃情報が出るのでは思われます!

まずヒロインたちの物語の舞台は、安子が岡山・アメリカ、るいが昭和30年代の大阪、ひなたが昭和40年代の京都です。

ということは・・・ロケ地もおそらく岡山・大阪・京都となりそうですね!

京都はやはり京都じゃないと撮影できないもんね♪

ロケ地の候補についてですが、以前にも岡山が舞台となった連続テレビ小説、1997年の『あぐり』を参考に見てみましょう!

その時の主なロケ地は以下でした!

【「あぐり」1997年放送が撮影された場所】

①岡山城(岡山市)

②津山城/鶴山公園(津山市)

③県立津山高等学校本館

④城東むかし町家(津山市)

いずれも、ノスタルジックな感じの所なので、『カムカムエヴリバディ』でもこれらの場所が使われるかもしれませんね!

 

原作あらすじ・結末ネタバレも!

『カムカムエヴリバディ』は脚本家藤本有紀さんのオリジナルストーリーで、3世代に渡るヒロインたちの物語です。あらすじをご紹介!

カムカムエブリバディあらすじ

“1925(大正14)年、ちょうど日本でラジオ放送が始まった年に生まれた安子(やすこ)。

岡山市内の商店街にある和菓子屋に生まれ、あたたかい家庭に育つが、やがて戦争によって激動の運命をたどる。

昭和30年代の大阪、安子の娘るいは、戦争によって親と引き裂かれ、親と英語を憎みながらもジャズソングに救いを見出し、生きる道を切り開いていた。

るいの娘ひなたは平和な時代に生まれ、時代劇の世界に憧れるなど紆余曲折を経てラジオ英語講座に居場所を見つけていく。”

昭和・平成・令和にわたる3代の女性たちが、その時代ごとに訪れる試練に突き当たりながらも、恋や仕事などにそれぞれの生き方を見つけていくというものです。

そして、ヒロインたちの傍らにはいつもラジオ英語講座があるということで、NHKラジオ英語講座の歴史なども見られると思いますよ!

まとめ

2021年後期の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』について、キャストや相関図、あらすじなどについてご紹介しました!まとめると、

・放送は2021年後期開始予定。

・NHK総合テレビで月~土曜日の8:00~8:15(再放送:12:45~13:00)に放送。

・朝ドラ史上初の3人ヒロインは、上白石萌音さん(安子役)、深津絵里さん(るい役)、川栄李奈さん(ひなた役)。

・藤本有紀氏のオリジナル脚本による3世代の女性が織りなすファミリーストーリー。

・NHKラジオ英語講座が物語の重要な要素になっていて、ドラマを観ながら英語も学べるかも。

すでに女優として評価の高い3人が演じる朝ドラの世界、楽しみですね。

おすすめの記事