2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の濃姫役をつとめる予定だった沢尻エリカさんの代役が誰か?ネットでは様々な声が上がっています。今回は代役の予想や、そして新春の放送スタートには間に合うのか!?いつから放送されるのかについてもご紹介していきたいと思います。

すでに取材会も済ませ、第一話の編集も大詰めという段階での役者変更、すでに10話(3月放送分)までの登場場面を撮り終えているということでこの後がどうなるか?心配されていますが、それも期待に変わることと信じて楽しみに発表を待ちましょう!


大河ドラマ麒麟がくるの「濃姫」の代役は誰?

「麒麟がくる」の濃姫(別名・帰蝶)は斎藤道三の娘であり、のちに織田信長の正妻になる役あることから、濃姫役にふさわしく、「凛とした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人」そして、準ヒロイン的な存在でもあるので演技力はもちろん「美しさ」もキーワードになりそう!

「優雅な所作が大変だった」と沢尻さんが言っていたのでそれもできないとね。

 

そして時間的にタイトなこともあり、時代劇の経験もあって所作が身についていることが代役の必須条件になると思われます。

さらに大河ドラマといえば1年という長い放送期間であり、当然撮影も長期間ということから、来年秋までスケジュールを押さえられる女優さん」ということになりそうですよ。

また、「乗馬」ができるという点も大事だとか・・・!

 

ネットで予想(期待)されているのは、
・「菜々緒」さん
・「北川景子」さん
・「のん」さん
・「柴咲コウ」さん
・「二階堂ふみ」さん
・「剛力彩芽」さん
・「宮崎あおい」さん
・「上野樹里」さん

などの声が出ていました!

菜々緒さんはこちら。確かに「凛とした美しさ」にぴったり!多忙なのでスケジュールが心配されています・・・

この投稿をInstagramで見る

 

NANAO1028(@nanao_official)がシェアした投稿 -

北川景子さんはこちら。凛とした美しさもあり、演技力にも定評がありますね!

この投稿をInstagramで見る

 

NANAO1028(@nanao_official)がシェアした投稿 -

先日の東京国際映画祭レッドカーペットで「美しい」と話題になった、のんさん。スケジュールを抑えられる今こそチャンス!との声が多数。

この投稿をInstagramで見る

 

NANAO1028(@nanao_official)がシェアした投稿 -

 

 

どの方もありえそうですが、中には「新人」を採用する声も出ていますがスケジュール的に厳しそうですね!

いずれにしても「注目」されるのは間違い無いので、これで見事に演じれば人気が高まる可能性間違い無しですね!

 

そしてこちらは・・・「笑えて納得!」の番外編♪

 


いつから放送される?

大河ドラマ「麒麟がくる」のもともとの放送開始予定は2020年の1月5日とされていました。

濃姫の登場シーンは初回からあり、またとても多いためカットでは無理だそう。そのため代役をたてての撮影し直しが必須になるそうです。

濃姫は女性出演者の一番手だったそう。

ありえる案としては「初回放送の延期」だそうですが、局の関係者の方の話によると、「1・2週間」の猶予が欲しいとのこと。

そうなると、初回放送が1月12日(日)・19日(日)のスタートが現実的なラインと言えそうですね!

代役含め、NHKからの発表を待ちましょう!

 

 

おすすめの記事