コロナウイルスと共に新しい生活様式となり、マスクと共に今度は「マスクケース」が必要ですね!やはり「抗菌」タイプがイチバン!ということで、外出時に携帯できる「抗菌マスクケース」のおすすめ・人気商品をリサーチしてみました!

マスクを持ち運ぶ時にきちんと収納できるケースはカバンに入れておきたいもの。また、外出先で使いかけのマスクを外す際にテーブルに置いたりしてはNG!!きちんとマスクケースを利用するのがおすすめです!

マスクにはプリーツタイプの使い捨てマスクや、立体型の布マスクなど形状が違うので、用途に合わせてファイルタイプやハード型、ポーチ型、折り畳み式など色々とラインナップしてみました♪


マスクケース(抗菌)を選ぶポイントと注意点!

一口にマスクケース言っても、「新しいマスクを入れるのか」「使いかけのマスクを入れるのか」という用途によっても違ってきます。

また「ハードケース」「折りたためるタイプ」「ポーチ型」「ファイル型」など色々ありますので、まずは使うシーンなどを考えて選ぶようにしましょう!

用途で選ぶ

「新しいマスク」を入れるならしっかり「封」をできるケースが良いですし、「使いかけのマスク」を入れるなら「口部分を手で触らない」でしまえるものが良いですよね!

口元の部分を手で触ったら意味ないもんね!

使ったマスクを「机に直置き」するのは・・・マズイ!

不織布マスクも、夏用マスクも、これからは常時携帯することになりそうですが、「予備」をカバン入れて置きたいもの。

さらに食事などちょっとした際にマスクを外した際に置けるタイプのものも欲しいですね!

人によっては2種類持ち歩く方もいれば、2種類を同時に収納できるものもありますよ♪

抗菌の有無で選ぶ

マスクケースを買うならやはり「抗菌」のものがおすすめです!

カバンの中は「財布」や「スマホ」など、意外と雑菌の多いものをしまう場所。そんな時にきちんと抗菌されたケースにしまっておくと安心ですね!

なお、「抗菌」マスクケースとは、菌がつきにくくなっているもので「除菌」できるものではないので注意が必要です!

形状・素材で選ぶ

マスクケースは多種多様!カバンの形状が色々あるように、マスクケースも色々♪

また素材も「プラスチック」製のものから「布タイプ」まで様々です。最近はおしゃれな皮製もあったりしますよ!

・ハードタイプ(1cmほどの厚みで丈夫なケース)

・ファイルタイプ(クリアファイルのような形状)

・ポーチ型(ジップロックのように閉められたりするもの。ビニール地や抗菌布まで)

・折りたたみファイルタイプ(使いかけのマスクを挟んでゴムで止める)

などがありますよ!

プラスチックのメリットは洗えたり除菌スプレーをかけられる点ですが、布タイプや皮はそうはいかないので、こちらも「用途」と組み合わせで選ぶと良さそうです。

それでは具体的におすすめ商品をみていきましょう!


マスクケース抗菌のおすすめ・人気色々!

ファイル型、ポーチタイプ、折り畳み型、ハードケース、ダブルポケットなど、様々なマスクケースをご紹介!用途や使うシーンによって色々検討してみてくださいね♪

「ファイル型」の抗菌マスクケース

こちらは日本製のマスクケースのファイル型!シンプルなデザインで男女問わず使え、ビジネスシーンにも最適!

石灰石を主原料とした新素材の「LIMEX」に抗菌ニス加工した抗菌マスクケースだそう!

 

こちらは日本製の抗菌マスクケースですがデザインが色々選べて楽しいタイプ!

マスクを常備する時代なので、せめてマスクケースは華やかに楽しみたいという方にぴったり♪子供用に1つ用意しても喜ばれそうですね!男性用の柄もありますのでのぞいてみてください。

 

こちらはクリアケース型ですが、さらに二つ折りにしたりとコンパクトにたためるタイプも選べるそうです!安心の日本製の抗菌マスクケースは嬉しいですね。柄も選べますよ!

 

こちらはクリアケース型のファイルケースですが、なんともおしゃれな「スワロフスキー」のついたキラキラマスクケース♪抗菌な上、ポケットが3つと便利です!ギフトにも最適なマスクケース♪

 

 

「ポーチタイプ」の抗菌マスクケース

こちらはポーチタイプの抗菌コットンマスクケース。Ag銀イオン加工の効果で抗ウイルス、抗アレルギー、抗菌・防臭作用があるそう!マスクの一時置きにも安心して使えるのが嬉しいですね。色はホワイト・ピンク・グレーと選べて安心の日本製!洗濯しても効果が続くそうですよ♪

 

こちらは非フタル酸の素材のケースに、除湿剤が入ったもの。除湿によって静電気帯電力を復帰させて除菌するそうです!使いかけのマスクや使用済みのマスクを入れるのに最適なマスクケース!マスクについた口臭や有害物質を除去してくれるそうですよ。

 

こちらは抗菌素材でできたポーチ型のマスクケース。スナップボタンなので取り外しや、出し入れが簡単なのが便利ですね!使用前のマスクを数枚入れて持ち歩くのにも良さそう!

 

 

とにかく「抗菌」の信頼性があるものが良い!というかたにはこちらの2つ。

まず「銅」が配合された抗菌のマスクケース!世界トップレベルの検査機関「SGS」の検査結果あり、最先端の特許技術で開発されたそうですよ!

クリアケース素材のシンプルなケース型なのでマスクだけではなく、「スマホ」を入れるのにも良いそう!

 

「折りたたみ」「使いかけマスク」の抗菌マスクケース

こちらは立体型タイプの「使いかけのマスク」を入れることができるシリコンケース!ちょうど形が立体型マスクを折りたためる形状になっています。小さくなるのでポケットに詰められるのも便利ですね!

これから活躍する夏用マスクは立体型のものも多いので、マスクの一時置きとして良さそうですね!穴に指を入れて持ち運べるのも便利♪

 

 

 

 


 

こちらは「銅」を使ったマスクケースです。銅粉末を生地に練り込み、大腸菌・黄色ブドウ球菌を減菌させるらしいですよ!

見た目がシンプルなケースなので、帰宅してからマスクを出し忘れなさそうで助かります。


 

 

「ハードケース」の抗菌マスクケース

こちらはハードケース型ですが、銅を使った「超抗菌」タイプのマスクケース。「社団法人日本銅センター認証」というお墨付き。

 

こちらはハードケース型のマスクケースの中に無毒性の「抗菌テープ」がついているもの。抗菌能力が99.9%ということなので、マスクの一時置きとしても良さそうですね!

 

こちらはハード型のマスクケースでも「コンパクト」なタイプ。プリーツ型ではなく立体型のマスク(特に夏用の布マスクなど)は形状が違うので、一時置きタイプのマスクケースが使えない!という場合もあります。こちらは立体のマスクでも半分におってしまえるタイプでコンパクトでおすすめ♪色も選べますよ!

 

 

「ダブルポケット」のマスクケース

クリアファイルのような素材で、「新しいマスク」と「使いかけのマスク」を両方入れられるマスクケース!封をできる中には新しいマスク、外側の簡易ポケットには使いかけのマスクの一時置きとして使えますよ!

2枚同時に入れられるのは便利ですよね!

 

他にも「マスクホルダー」「マスクキーパー」「マスクトレイ」などで検索しても見つかるかも♪

 

マスクケースのおすすめまとめ

マスクケースといっても、その利用シーンに合わせて色々な形状があり奥が深いですね!

筆者は「マスクの一時置き」に悩むことが多かったですが(特に使ったマスクを手で触らない難しさといったら!)、マスクケースがあることでだいぶストレスが減った気がします。

抗菌なものは嬉しいですがやはりこまめに洗ったり拭いたりしながら、衛生面を気をつけて取り扱いたいですね!マスクを常備する時代、色や柄などでも楽しめると良いですね!

 

夏用マスクの日本製おすすめ多数あり!

 

おすすめの記事