夏用マスク・ひんやりクール

感染防止のためマスクが必須となりましたが、これからの季節に欲しいのはひんやりと涼しい「夏用マスク」ですよね!アイスマスクやクールマスク、ひんやりマスクなど色々と登場しています。

筆者は以前使い捨てマスクで汗をかき経験があり、すでに「暑くて蒸れている!」ので、安心して使える「日本製の夏用マスク」をご紹介!

ニュースになったひんやりマスクやクールマスクなど通販で話題のものを中心に購入してみました。実際に購入して本当にひんやりするのか?試してわかった結果もお伝えしたいと思います。

 


夏用マスクとは?なぜ涼しいの?間違えないよう確認!

夏用マスクとは一体なんなの?なぜ涼しいの?と思う方も多いですよね。

「夏用マスク」の明確な定義はありませんが、一般的には「涼しく」装着できる工夫を施したマスク、と考えられています。

「名前だけクール」に惑わされないようにね!

「夏用」とされているマスクの多くは「布製」であることが大半ですが、ただの布ではありません。

通常の布マスクは「ガーゼ」生地など重ねてふんわり作っており、付けた時に暑さを感じるものが多いですよね。

冬や春はふかふかして気持ち良いんだけど・・・ちょっと熱がこもる感じ?

そこで開発されたのが「接触冷感などの夏用の生地」で作られたマスク!

夏用の生地と言ってもこれまた明確な定義はないのですが、夏のマスクの多くは人が「涼しい」と感じることを基準に、
・接触冷感生地を使っている
・夏用のコットン(織り方がさらっとしたもの)や麻などの天然繊維

を使って作られるものが大半です。

夏場に出回る涼しい寝具カバーや、涼しい下着などを想像してもらえるとわかりやすいと思います。

もちろん物理的に口元を覆うのには変わりませんが、付け心地がひんやりしたり、速乾性があることで快適に過ごせたりするわけですね!

なお、人の肌が物体に触れた時に感じる「冷たさ」は「接触冷感評価値(Q-max)」が大きいほど冷たいとされ、0.2以上が「接触冷感」と言われていますので、わかる商品は参考までに記載しました!

接触冷感について詳しく知りたい方はこちら(カケンテストセンター)

ではそんな夏用のマスクでおすすめはどれでしょうか?

実際に購入して試した結果と共にお伝えして行きたいと思います!


夏用マスク日本製①「ひんやりマスク」丸井織物

Yahooでもニュースになった石川県「丸井織物」の夏用マスク。その名も「ひんやりマスク」で接触冷感機能がある生地で作られています!(他の接触冷感マスクも下でご紹介!)

 

肌がモノに触れた時に「冷たく」感じるのは「熱の移動量(接触冷感評価値Q-max0.2以上)」で決まるそうで、その基準を満たした商品です。

さらに「速乾性」にも優れていて、部屋干しで2時間で乾くそう!
また超微細粒子まで遮断することができる、産業用の高品質防菌フィルター(サージカル相当)がついています♪

丸井織物は合成繊維で国内シェアナンバーワン!

【素材】ポリエステル(紐はガーゼマスクと同様)
【タイプ】布マスク
【サイズ】横15.5cm×縦11cm(フィルターは縦9cm×横9.3cm)
【カラー】白・黒
【Q-max値(最大熱吸収速度)】0.232(0.2以上が冷たい)

 

↓こちらも日本製の夏用マスク!接触冷感になっています!7日以内に配送してくれるそうです!

 

 

夏用マスク日本製の「ミラキュラスクール」

消臭・吸汗・速乾機能な上「制菌」効果あり!ひんやり爽快で安心の日本製!

「ミラキュラス」とは第一紡績株式会社の登録商標です。

UVカットに優れた糸を使用している上、張りがあって着用時に「キリっ」と決まるそうですよ!見た目がスッキリ美しく機能的で嬉しいですね!

大きめサイズ・普通サイズの2種類がありますよ!

 

【素材】表面:制菌素材(ポリエステル100%)肌面:ポリエステル46%・レーヨン38%・コットン16%
【サイズ】(大きめ)横18cm×縦13cm(普通)横16cm×縦12cm
【カラー】白系

夏用マスク日本製の「クールマスク」

こちらは肌に優しい接触冷感の優しい綿素材+デニム生地のクールマスク!日本の岐阜県で作られたおしゃれなデニムマスクです!ブルーの他にホワイトもあり!

夏マスクでも「カッコ良いものが良い!」というこだわりの方にぴったりのマスク。

おしゃれなデニムの表地に、肌に当たる裏地は接触冷感の綿100%になっています!

裏地は優しい肌触りでストレスフリーな肌触りな上に、接触冷感評価値は0.3以上!

デニムといえば耐久性、何度洗っても丈夫なのが嬉しいですね。色落ち色移りもしにくいので安心だそうですよ!

現在レディースサイズのみの在庫なので、一つ下に男性用をご紹介!

【素材】(表地)デニム 綿99%・ポリウレタン1%(裏地)クールニット 綿100%
【タイプ】立体マスク
【サイズ】S/M/Lの3種類
【カラー】ネイビー/ブラック/アイボリー
【Q-max値(最大熱吸収速度)】0.3以上(0.2以上が冷たい)

↓こちらは男性もOKのクールローレルという「接触冷感」生地を使ったマスク !デニムタイプです!

 

↓こちらは男性用の制菌加工された3Dマスク!「制菌加工3Dエアスルーマスク(メッシュ生地)」はサイズも豊富で蒸れないメッシュ生地!

 

夏用マスク日本製の「COOLMAXマスク」

こちらはスポーツウェアなどでも多く用いられる、吸水速乾生地の「COOL MAXクールマックス」を使ったマスク!

なんとクールマックス®︎は「綿素材より5倍の速さで汗を吸収・蒸散」する上、「体の快適な湿度を保持して・体温を下げる新素材技術」で商標登録されているものです!

クールマックスの生地に、なんと嬉しい「W」ワイヤー入り!縦横2つのワイヤーがあるので口元がくっつかず呼吸も快適そうですね♪

残念ながら今「在庫切れ」になってしまったので、一つ下に同じ「クールマックス日本製マスク」をご紹介しています。

【素材】クールマックス®️/コットン65%・ポリエステル35%
【タイプ】立体マスク(Wワイヤー入り)
【サイズ】大人サイズ/キッズサイズの2種類
【カラー】ホワイト/グレー

↓こちらが同じ「クールマックス」の日本製の夏用マスク !サイズもL/Mと選べてカラーもネイビー/グレー/インディゴ/チャコールグレーと4色展開!

 

夏用マスク日本製「アイスコットンマスク」

こちらは150年以上歴史を持つスイスの名門紡績メーカーの「アイスコットン」糸を使って作った天然の綿100%のマスク!

アイスコットン糸は天然由来の高機能素材で、糸表面の凹凸によるドライ感があり、接触冷感評価値0.2以上だそうです!その糸を使って、生地の生産やマスクの製法は日本で行なっていますよ!

残念ながら品切れになってしまったので、この次で別のアイスコットンマスク日本製をご紹介!

こちらがアイスコットンマスクで同じく日本製!天然素材がお好きな方にはおすすめ!

 

夏用マスク日本製の「ひんやりフィットマスク(制菌)」

こちらは接触冷感+軽量伸縮ウレタン素材というひんやりマスクですが、なんと神戸の靴工場が作る「制菌マスク」なんです!

マスクと靴工場!?と思うかもしれませんが、納得なのはその「立体造形技術」。

伸縮性に富んでいて、鼻から頬にかけて立体的にフィットする形だそうですよ!そして「靴=制菌」も納得ですね!

そして口元はひんやり接触冷感素材という嬉しいマスクです♪

【素材】ウレタン
【タイプ】立体マスク
【サイズ】フリー1種類
【カラー】アイボリー/グレー

夏用マスク日本製の「クールタッチマスク」

こちらは天然のクールコットン(綿)100%のマスク!接触冷感である「クールローレル」加工が施されていますが、シルクを思わせる美しい光沢感があるそう!

先ほどのアイスコットンマスクと同じように、こちらも綺麗なパステルカラーが豊富。

紐は自分で結んで調整可能というのもアクセントになっておしゃれ感があり、ちょっと高級感があってギフトにも最適!

中にはガーゼも入れられるポケット付きなので、冷んやりシートなども入れられますよ!(ただ、以下は現在品切れなので一つ下に違う商品をご案内中です!)

【素材】夏の涼しい生地【クールローレル】綿100%
【タイプ】立体マスク
【サイズ】(横)約16cm/(縦)約7cm(最長13cm)1種類
【カラー】ブルー/ミント/ピンク/ホワイト/ベージュ/グレー

 

本当にひんやりするか試した結果「夏用マスク」おすすめは?

今回は接触冷感生地を使ったマスクを中心にご紹介し、ひんやりマスク(丸井織物)/クールマスクなど、一通り全て購入しました!

まだ一部の商品のみの到着ですが、つけてみたところ確かに「ひんやり」します!

使い捨て不織布のマスクだと、ムッと暑さがこもるところが、マスク内で息を吐いてもすぐに冷める感じでした。

個人的には「生地の種類」も大切ですが、やはり物理的に顔を覆う面積が少ないものが涼しいような気がしますが・・・ただ飛沫を防ぐには大きい方が良いですね!

 

いまのところ丸井織物さんの「ひんやりマスク」と「アイスコットンマスク」に軍配が上がりそうですが・・・

到着が楽しみ!

ちなみに、丸井織物のひんやりマスクが実際に届いた方の声はこんな感じです。

色々届き次第アップしていきます!

他にも日本製の「キシリトールマスク」や「ミズノマスク」などもご紹介しています!

夏用マスク通販で涼しい日本製のまとめ!

ひんやりマスクにクールマスク・・・ 夏用マスクと言ってもとても多数の種類があることがわかりました。

注目したいのはやはり「接触冷感」ですが、接触冷感にも化学繊維と天然繊維があるのでお好みで使い分けても良いですね!

また、接触冷感ではありませんが、↓以下のように昔ならではの「麻」などを使ったマスクなどもさらっと涼しそうです。

 

また、夏場の炎天下ではいっそのこと「濡れマスク」を付けてみるのも良いかもしれません(笑)

色々試して報告したいと思います!

夏用マスク通販で涼しい日本製はコレ!本当にひんやりか試した結果は?素材についても!

 

おすすめの記事