GoToEat(GoToイート)キャンペーンが始まり利用者も増えてきましたが、使うにあたり「子供」や「幼児」「赤ちゃん」について対象になるのか、お伝えしていきます!

農林水産省のホームページには年齢制限の記載はないのですが、利用金額など実際の運用が気になるところですよね!

GoToイートキャンペーンには2つあり、購入額の25%が上乗せされた金券「プレミアム食事券」については支払の際に使う金券なのでもちろん子連れでも利用可能です。

もう1つの、グルメサイトで予約し実際の利用でもらえる「来店ポイントの付与」については、子供や赤ちゃんの分がカウントされるのかが気になるので、グルメサイトを確認してまとめました。

また、実際に子連れでも「ポイントが付与された」という利用者の声についてもお届けしていきます!


GoToイートは子供と赤ちゃんは対象?

まずGoToイートキャンペーンを手掛ける農林水産省のホームページでは「年齢制限」については記載はありませんが、実際のポイント付与については金額の縛りがあります。(後半の「いくら以上?」でお伝えしています)

ということは子供や赤ちゃんはだめ、ということではないですが、気になったので農林水産省のGoToiイートキャンペーン事務局に実際に問い合わせてみました。

その結果、

「基本的に、飲食できれば対象、あとはお店の判断に任せている」

ということでした。

【乳幼児は?】

となると、ミルクだけの赤ちゃん(乳児)や、持ち込みの離乳食を食べる小さな幼児については原則は対象外、と考えた方が良さそうです。

【幼稚園・小学生は?】

小学生高学年や中学生でお店のものをオーダーしてしっかり食べれるならばポイント対象と考えて良いと思います。

ですが、幼稚園児〜小学校低学年くらいだとまだ子供によって差が大きいので悩むところ。ここはランチだと500円以上、ディナーなら1,000円分以上の利用、がポイントになりそうです。(後半の利用金額をご確認ください!)

ただ、具体的にはお店によるため、ルールなどは実際に問い合わせて確認するのがおすすめです!

もともとポイント付与には一人あたりランチ500円以上、ディナー1,000円以上の利用が縛りになっています!
また、予約ポイントの付与は予約サイトの規約にも関連してきます。

主なグルメサイトの「子供」に関する規約は以下の通りとなっていますが、やはり飲食しない「乳児」は対象外、と考えた方が良さそうです。

グルメサイトの「子供」に関する記述
・ぐるなび・・・・・特に記載なし
・食べログ・・・・・「飲食しない乳児は対象外」
・ホットペッパー・・特に記載なし
・一休・・・・・・・「乳児は対象外」
・Yahoo!ロコ・・・・「0円コースを予約した子供は対象外」
・OZmal・・・・・・「乳児は対象外」

なお、冒頭のお話通り「プレミアム食事券」は年齢に関係なく「利用金額」に対して使えるものですので、来店者は子供でも赤ちゃんでもOKですよ!


何歳から?(年齢制限)

前項の通り、何歳から、という年齢制限は設けられていませんが、農林水産省のGoToイートキャンペーンコールセンターによると、

「基本的に、飲食できれば対象、あとはお店の判断に任せている」

ということなので、「お店のものをオーダーして飲食できるか」が判断ポイントとなりそうです。

合わせて「一人あたりランチ500円、ディナー1,000円以上のラインが関係しそうです!」

となると0歳児は厳しと考えるのが無難のようです。(グルメサイトには乳児不可の記述が多数あり)

幼児以降については各店舗によって異なるため、事前に店舗に問い合わせるのが良さそうです!

いくら以上?(利用金額)

来店ポイントの付与については、子供かどうかという点の前に、

「1名あたり昼食時間帯500円、夕食時間帯1,000円」

という利用条件があります。

子供については農林水産省の「GoToイートキャンペーン」のホームページに以下の記載があります。子供についても上記金額が関わることになります。

夕食時間帯の予約・来店で1,000ポイント、昼食時間帯の予約・来店で500ポイントが付与されます。
ただし、付与ポイント以上(夕食時間帯1,000円(税込)以上、昼食時間帯500円(税込)以上)の飲食が必要となります。
ポイント利用時や他の割引サービス利用時でも、付与ポイント以上の飲食代金が必要となります。(支払代金ではありません。)
子どもについては、全体の飲食代金を1人当たりに割り戻したときに、1人当たりの付与ポイント以上であることが必要です。

 

これによると全体の利用金額が関係してくることになりますね。

例として、

「大人2人、子供3人=計5人」で来店して5,500円食べた場合に「5,000ポイント」もらえるかどうか、については実際は店舗により異なるようです!

実際に利用した方のなかにはこんな声が。「無料でももらえた」「もらえなかった」と言う声がまちまちのようです。

 

 

不安な場合は、利用前に店舗に確認されるのが良さそうです!

店舗はグルメサイトに「掲載料」の他に「送金料」という金額も1名あたりに対して支払ったり・・・と何かと諸費用がかかる様子。店舗を応援するキャンペーンだから店舗が決めているという背景がありそうですね!

 

子連れで利用できた声!

実際にGoToイートキャンペーンを子連れで利用した方の声を集めてみました!

安楽亭、牛角、くら寿司などは子連れでポイントがしっかりもらえるようですね♪

 

GoToイートキャンペーンの子供・赤ちゃんの利用まとめ

GoToイートキャンペーンで子供連れの場合の対応は、

農林水産省の「GoToイートキャンペーンコールセンター」に問い合わせたところ「飲食ができるか」が判断基準であとは「店舗に任せている」という回答でした!

基本的には店のものを食べない乳児は対象外、幼児以降は結論「店舗による」ということになります。

なお、1人あたりランチ500円、ディナー1,000円という大原則があるのでお忘れなく!

また、あくまで「飲食店」を応援するキャンペーンですのでどちらも気持ちよく利用できると良いですね♪

おすすめの記事