台風15号「ファクサイ」が南鳥島近海で発生し、今後日本列島に近付く見込みとされ警戒されています。

明日7日(土)には暴風域を伴って、小笠原諸島に接近するとのことですが、9月6日午後6時現在の台風15号の現在地や今後の進路予想などの最新情報を、米軍台風警報センター・気象庁・ヨーロッパ中期予想センターの3つからまとめました。

東京・大阪への影響と飛行機欠航情報などについてもご参考下さい。


台風15号の現在地・最新情報

観測された台風15号は9月6日午後6時現在南鳥島近海に位置し、今後は日本列島へ接近する見込みとなっています。7日(土)には小笠原諸島に接近、8日(日)夜にかけて北寄りに進路を変え、9日(月)までには東海など本州に上陸の可能性が高まっています。

box0

台風15号は「Faxai(ファクサイ)」と名付けられています。(ラオスの「女性の名前」を意味します。140個用意されている台風の名前の48番目にあたり、日本提供の名前)。

次項で米軍の進路予想図についてみていきましょう。


米軍の進路予想と最新情報

下の図は、9月6日6時現在の、米軍JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図です。赤い文字で「TS14W」と書いてあるものが台風15号になります。(TY15Wと書かれている箇所は現在先に発生している台風13号「リンリン」です。)

台風15号進路予想図(米軍)9/6

 

次は「TS14W」の進路予想図です。「05/12Z」とあるのは9月5日12時を示していますが、アメリカ時間になるのでこれに9時間を足して「9月5日21時」時点の位置になります。

台風15号進路予想図2(米軍)9/6

 

次項では気象庁の予想についてみていきたいと思います。

気象庁の進路予想と最新情報

気象庁の最新の予想では、大型の台風15号は9月6日10時05分現在、南鳥島近海あり、今後西北西へ1時間に約30キロの速さで進む予報となっています。7日9時には父島近海、8日9時には八丈島近海、9日9時には東日本、10日9時には日本の東で温帯低気圧と変わる予想となっています。

台風15号情報 9月6日9時45分現在
■中心の気圧:1000ヘクトパスカル
■最大風速:20メートル
■最大瞬間風速:30メートルで中心の北東側280キロ以内と南西側170キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。

気象庁の進路図では東海沖にたどり着いたあと、大きく進路を変え北東に進む予報となっています。

 

次項ではヨーロッパ中期予報センターの数日間の予想をみてみたいと思います。

ヨーロッパの進路予想と最新情報

ヨーロッパ中期予報センター【 ECMWF 】では10日先までの進路予想を見ることができます。以下は「東アジア」の進路予想ですが、日を進めて見てみます。(9月5日9時時点の観測)

なお、以下は2019年9月5日(木)の9時時点での数日間の予想になります。ベトナムにかかる黄色・黄緑部分になります。その右上・台湾にあるのは台風13号です。台風15号は小笠原諸島を通り日本の太平洋側を縦断する予想のようです。

9月5日9時点の進路予想図

9月6日の現在地

太平洋にかかっている黄色&緑の小さい円が台風15号たまごです。画面右端に小さく見えている円形部分です。

色は風速を表し、「黄色:10M」「黄緑:15M」「緑:20M」「濃い緑:25M」と位置づけられています。

台風15号進路予想図・ヨーロッパ9/6時点予想

9月7日の現在地

小笠原諸島に位置しています。

台風15号進路予想図・ヨーロッパ9/6時点9/7予想

 

9月8日の現在地

日本に近づき、台風の円が本州にかかり始めます。

台風15号進路予想図・ヨーロッパ9/6時点9/8予想

9月9日の現在地

ちょうど関東付近上空のようです。

台風15号進路予想図・ヨーロッパ9/6時点9/9予想

 

9月10日の現在地

一気に進路を変え、速度を早め日本の東に抜けています。

台風15号進路予想図・ヨーロッパ9/6時点9/10予想

 

東京・大阪(日本)への影響は?

米軍での「TS14W」台風15号が発生し今後の進路は日本列島へ近づくものと予想されています。小笠原諸島を通り東海沖へ接近したあと大きく進路を変えて進むため、関東・東京、関西・大阪など広い範囲で影響が出る可能性があります。

また予報円が小さいため、台風が近づくと急に雨風が強くなる傾向がありますので十分な注意が必要です。

太平洋沿岸では台風が近く前から次第に波が高くなるのでマリンレジャーなどにはくれぐれも注意が必要です。また、台風シーズンのため、次の台風になり得る熱帯低気圧も発生していますので日頃からすぐ台風に備えられるよう、準備などされることをおすすめします。

飛行機欠航情報

台風15号が日本列島に接近した場合に備え、飛行機の発着陸の遅れ・欠航など航空会社各社の最新情報をご覧いただけるようにまとめました。

ご心配な方は台風情報と合わせて確認されてください。

JAL(国内線) JAL「運行の見通し」はこちら
JAL(国際線) JAL「運行の見通し」はこちら
ANA ANA「運行状況のご案内」はこちら
スカイマークエアライン SKYMARK AIRLINES「発着案内・運航状況」はこちら
スターフライヤー スターフライヤー「運行状況のご案内」はこちら
AIR DO AIR DO「発着案内/運航の見通し」はこちら
ソラシド・エア ソラシド・エア「運航状況・運航の見通し」はこちら
フジドリームエアライン フジドリームエアライン「運行情報」はこちら

 

まとめ

台風15号は日本列島に近づき、場合によっては上陸する可能性が高まっています。米軍台風警報センター・気象庁・ヨーロッパ中期予報センターのいずれをみても日本へ接近したあとは進路を大きく変えて進む予報となっています。

台風の予報円が小さく、接近に伴って急速に雨風が強まる暴風域に入る可能性があるため、進路や現在地を把握して十分にご注意ください。

台風は離れていても急な天候の変化や、沿岸地域では波風が強まることが多くあります。十分に注意してお過ごしくださいませ。

おすすめの記事