10万円給付金・申請方法

新型コロナ対策支援制度の一つとして、国民が1人一律10万円もらえる「特別定額給付金」。気になりながら具体的にわからない!という方のために対象者や申請方法などを簡単に説明していきます。

ポイントとしては、今回の給付金は自発的に「申請」することによってもらえる給付金なこと。「オンライン申請」と「郵送」の両方で申請が可能で、マイナンバーカードの有無によっても変わりますが、マイナンバーさえわからなくても手続きできて、実は簡単!

せっかく支給される給付金、忘れずにささっと手続きを済ませてしまいましょう!受け取り方や本人確認書類などの疑問についてもまとめました!

 


10万円給付金の対象者はだれ?子供もOK?

今回の「特別定額給付金(10万円給付金)」の対象者は、

「4月27日時点で住民基本台帳(住民票)に記録のある人」とされています。

手続きは「住民票のある市区町村」で行いますが、厳密に言うと、

・住民基本台帳に登録されている「全ての人」が対象!(2020年4月27日時点)
・国籍は問わない!
・収入は問わないので非課税世帯もOK!(年金受給世帯・失業保険受給世帯・生活保護の被保護者)

となります。ですので、
住民票に記載があれば子供も学生も高齢者ももらえるわけですが、赤ちゃんは4月27日生まれまでは対象者

4月28日生まれの以降の子供さん分はもらえないんです・・・

そして一人あたりの給付金はご存知の通り「10万円」です!

 

なお、10万円の給付金は全員がバラバラに申請するのではなく、

「同一世帯の家族分をまとめて世帯主が申請」し、
「その世帯主
が家族分の給付金をまとめて」受け取ります。​

つまり申請するのも貰ううのも「世帯主」となり、その金額は「同一世帯の対象者人数×10万円」となります!

住民票は実家のまま・・・という人は申請書が実家に届きますので注意!

(※DVなど特別な理由で別で受給したい場合は、要件を満たせば可能だそうです)


10万円給付方法の流れ

今回の「特別定額給付金(10万円給付金)」の受付や給付開始日は市区町村によって異なりますが、大まかな流れは以下の通り!

①申請書が各「世帯」に届く。
(住民票のある市区町村から届きます)

「郵送」「オンライン申請」のどちらかで申請する。

③給付金が振り込まれる。
(家族分の給付金がまとめて振り込まれる)

となります。

申請がいつからできるか、については

■オンライン申請→申請書を待たずに可能!
■郵送申請→申請書類が届くのを待ってから申請(市区町村により到着日が異なる)

なお「オンライン申請」の場合は、上記①の「申請書」を待たずにすぐに申請することが可能です!

マイナンバーカードがない人は?

まず「マイナンバーカード」とは「個人番号カード」とも言われ、自分で申請して作る「写真付き」カードのことです。

マイナンバー(個人番号)を知らせる際に届いた薄緑色のカードは「通知カード」と呼ばれ、マイナンバーカードではありません。

通知カードは、カードの表面上部に「通知カード」と書かれているよ!

 

その上で、まずオンライン申請には「マイナンバーカード」が必要です。(通知カードでは不可)

ですので「マイナンバーカード」を発行している方は「オンライン申請」が可能でスムーズ!

逆に「マイナンバーカード」を作っていない人は原則「郵送申請」になります。

 

え!通知カードも見当たらないしマイナンバーもわからないよ・・・
通知カードもない、という方も大丈夫!マイナンバー(個人番号)がわからなくても、誰でも申請できますのでご安心ください!

 

なお、郵送申請の前にマイナンバーカードを作る、という手もありますが1ヶ月近くかかることもあり混み合ったりと色々あるので、郵送をおすすめします。

 

続いて10万円給付金の具体的な申請方法を解説していきます!

10万円給付方法(申請方法)

まず、マイナンバー(個人番号)がわからない人でも申請できますのでご安心を!

10万円の給付方法は「郵送申請」と「オンライン申請」と2パターンあります。

まず郵送申請については「申請書類」が必要になりますが、世帯主宛てに届きます。

申請書類の発行は市区町村によって異なりますが原則「5月頃から」となっており、早い市区町村では4月末〜5月上旬に始まる見込みだそう。

市区町村によって違うけど5月中には届くと良いね。

ただ、申請書類が届く前にできることが2つあります!

事前に準備できること
①世帯主に本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)のコピーを用意しておく。
②世帯主の口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカードなど)のコピーを用意しておく。

上記は「世帯主」の分だけでOKです!
(世帯主が全員分まとめて申請・受給するため)

これをしておけば、あとは書類が届けば速やかに手続きできますよ!

オンライン申請については以下で詳しく説明していますのでご参照くださいね!

 

給付金の申請書はこんな感じ!

「郵送申請」する方の申請書類は以下にサンプルページのURLを貼付しますが、申請書の記載は実にカンタン!です。

まず、世帯主に1枚だけ届き、「その1枚で対象者全員分」を申請できます。

しかも対象者名はすでに印字されているのでとてもスムーズ!記入項目も以下のとおりシンプル!

自分で記入するのは主に、
・申請日/市区町村/世帯主の署名/電話番号/生年月日/受け取り口座 を記入。

で、あとは「押印」と「本人確認書類と振込口座コピー」を貼るだけです!

10万円給付金の申請書の書き方

【表面】
①「申請日」と「市区町村名」を記入。
②「世帯主」の署名/電話番号/生年月日を記入し、「押印」する。
③「給付対象者」と「合計金額」を確認!→すでに印字されているので確認だけ!
④「受け取り方法」を選んでチェック。
⑤給付金の「受け取り口座」を記入。

【裏面】
⑥(代理人が給付申請する場合の記載欄)
⑦申請者本人確認書類のコピーを貼る
⑧振込先口座の確認書類のコピーを貼る
⑨チェックリストにチェックする。

詳しい記入方法はこちらで図入りで解説されておりわかりやすいですよ!

 

10万円給付方法で必要な本人確認書類は?

10万円給付方法のうち気になるのが「本人確認書類」ですが、郵送の場合は以下のどれかのコピーを貼付することができます。

10万円給付金の本人確認書類(郵送申請のみ)

・運転免許証
・マイナンバーカード
・健康保険証
・年金手帳

※上記のいずれもない方は市区町村にお問い合わせください!

なお、オンライン申請の場合は、本人確認書類は不要です!(以下「総務省」ホームページより抜粋)

マイナンバーカードを持っている人について受け付け、電子署名により本人確認を実施するので、本人確認書類は不要となります。

引用元:総務省

10万円給付の申請期限は?

10万円給付方法のうち、忘れてはならないのが「申請期限」!

申請期限については、

「受付が始まってから3カ月後が申請の期限」となっています。

ただ、「受付開始」が市区町村ごとに異なるそうですので、期限もそれぞれ少しづつ違う可能性があります。

詳しくはお住まいの自治体の公式サイトなどからご確認ください!となっています。

 

申請書類が届くのが5月以降、という市区町村が大半だと思われますので、7月くらいには期限を迎える市区町村が多そうです。

くれぐれも申請し忘れることのないよう、ご注意くださいね!

10万円給付金はいつ振り込まれる?

では10万円の給付金は実際にいつ振り込まれるのでしょうか?

給付日については現時点では厳密な日程は決まっていないようです。総務省のサイトによると、

【受付及び給付開始日】
市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)

 

となっており、
・市区町村によって違う
・できるだけ早く支給開始を目指す

という点だけが現時点でわかることです。

詳細がわかり次第こちらでも追記していきます!

10万円給付方法/対象者/マイナンバーカード/本人確認書類/受け取りのまとめ

特別定額給付金(10万円給付金)の給付方法はとてもシンプルで簡単で嬉しいですね!

マイナンバーカードがあれば申請書類を待たずとも「オンライン申請」できますが、郵送申請もなかなかシンプルです。

対象者は子供から大人、外国籍の方まで多く対象となっており、非課税世帯も対象ですので「ほとんどの人」が対象になるものと思われます。

申請書がまだ届いていない自治体も多いと思いますが、本人確認書類や振込口座のコピーの用意などは先に準備ができるので済ませておくとスムーズですね。

申請期限をすぎることなく、到着したら「すぐに」申請しましょう!

 

おすすめの記事