確定申告期限・延長はいつまで?

2020年の確定申告の期間が近づいてきていましたが、このたびコロナウィルスの感染拡大を抑止する目的として政府が確定申告期間を延長する方針を出しました。いつまで期間が延長されるのでしょうか?

狭い会場に人がひしめきあって対面で行う確定申告ですので、期間延長することで少しでも混雑を緩和するのが目的だと思われますが、できれば会場に行かずに申告したい・・・という方も多いと思います。

合わせてご紹介したいと思います!

「基本方針が固まった」というニュースで正式通達はこれから。確定したら国税庁のホームページに記載されるから確認しよう!

確定申告2020延長はいつまで?

2020年の確定申告の期間はもともと、2020年2月17日(月)から3月16日(月)までとされていましたが、今回コロナウィルスの感染拡大防止対策として約1ヶ月、期間延長される方針が出されました。国税庁からの正式な発表はまだ記載がありませんが今後発表されるものと思われます。

まだ正式決定ではないのでできればもともとの期限内に済ませるのが理想です!

この基本方針が予定通り確定した場合は、

■2020年確定申告期限:2020年4月16日(木)まで

と所得税・消費税ともに上記の期限となるようです。

1ヶ月の延長は正直かなり嬉しいという方も多いと思いますので延長を確定する声が多く上がっていますが、もし延長が確定してもうっかり申告を忘れないようにだけ気をつけましょう!


自宅でできる確定申告方法は?

確定申告は混雑時になるとなんと3時間待ち、という会場もあるそうです!そしてコロナウィルス感染拡大に関しては正直今後どうなるかわからない、といったところが大きく心配は終わらないですね。

4月になれば大丈夫、という保証もないのでできれば確定申告会場に行かずに申告したい!という気持ちになるのも当然だと思います。

そこでおすすめなのが電子申告の「e-TAX」制度!

すでに名前は聞いたことある・・・という方もいらっしゃると思いますが、実際には不安があったり質問があったりで直接会場に行っていたという方が多いと思います。

この「e-TAX」を利用することで、確定申告会場に行かなくても「確定申告書をネット上で作ることができる」他、「作った申告書をデータ送信することが可能」です!

添付ファイルもつけられてとても便利な上、なんと「スマホ」から申告することも可能です!

IDなどを利用して行うので最初が面倒に感じられるかもしれませんが、一度行ってしまうととても便利で、次年度以降もネットから行うことができます。

詳しい手続きは国税庁のホームページで確認できますよ!

 

確定申告延長に関するみんなの声

確定申告延長の方針についてネット上では様々な声が上がっています。「まだ確定ではないから安心するな」という声、純粋に「嬉しい!」という声、「コロナ拡大防止に良さそう!」という声、そして専門の税理士さんによる、裏話や延長のデメリットなど・・・いくつかご紹介します!

 

 

 

まだ確定ではないものの、喜ぶ声が多い印象です。

ただ、「申告しなくても良い」わけではないので、うっかり忘れないように注意したいですね!

どのみち申告が必要なのでe-TAXなどを使って早めに申告するのがベターかもしれません♪

 

おすすめの記事